2012年4月号 コラム「コレステロールについて」

スピカズ代表・奈良留美子のコラム「やっぱり知りたい!OH!my Beauty!」

こんにちは。スピカズの奈良です。このコーナーでは、私が気になっている美容に関するあれこれを気ままにつづっています。

大変だ!これは本当に大変だ~!!!

毎年楽しみにしていること。それは2月の健康診断。(スピカズでは毎年2月に実施してます。)
この健康診断、私の中での位置づけとしては、1年間健康に気を遣って生きてきたか、どうなのか!?という1年間の成果が数字として結果にでるイベント。ただし!2年連続、胃のバリウム検査は拒否。どうしてもバリウムが好きになれない、という本当にくだらない理由なので、来年は必ず受けよう。というか、拒否すると検査しなくていいんだと知ったよ。

そして、今年の健康診断の結果はというと、なんと、総コレステロール値が基準値以上~!
悪玉&善玉コレステロール値はそれぞれ基準値内だし、中性脂肪にいたっては去年よりもなんと20も数値下がっていますが~!Whyなぜ~!?これは大変だ。本当に大変な事態だ。私が一番恐れていた事態なのではないか!?

コレステロール値高いのに、「健康に良いわよ~」と言って、美容青汁を売る私・・・というこの構図。
全く説得力ないし!!!!!
ちなみに、このバーションは他にもあって、
太っているのに、「痩せるわよ~」とダイエットサプリを売る。
肌荒れしているのに、「肌がきれいになるわよ~」と化粧品を売る。
そんなあなたが美容について語るわけ?(これは自分、認識していますんで、許してちょうだい!)

こんなことになったらあかん!という気持ちで、普段、仕事をしているわけなのですが、なんてこった!
「青汁を売っているのに、コレステロール値が高い」な事態です。

そもそも、コレステロール値とはいったい何なの!?

以下、食の医学館より

コレステロールは肝臓で合成される脂質で、胆汁酸合成の材料になったり、細胞膜の形成材料になったりと、人体には欠かせない成分です。しかし、血液中のコレステロール濃度が異常に高くなると、動脈硬化や高脂血症などの病気の原因となります。コレステロールは血液中では、低比重リポたんぱく(LDL)、高比重リポたんぱく(HDL)となって存在します。
一般に悪玉コレステロールといわれ、動脈硬化の原因とされているのは、LDLコレステロールです。一方、HDLコレステロールは動脈硬化を防ぐ働きをするため、善玉コレステロールと呼ばれています。

私の場合は、悪玉&善玉コレステロール値には問題はなく、総コレステロール値が高いのですが、これは閉経後の女性に多いとか…。他には、脂肪の多い食品の食べ過ぎが原因で数値が高くなったり、妊婦さんでも高くなることがあるそうです。悪者みたいなイメージのコレステロールですが、実は細胞膜の材料になるから、体にとっては大切な栄養素。ただし、血液中の量が多すぎると、動脈の内側にしみこみ、動脈硬化の原因になるそう。怖すぎる。何事もほどほどですね…。私の場合、コレステロール値が高いと思いあたる原因は、脂肪の多い食品の食べ過ぎとお酒、、、かしら!(´Д` )

私の1週間の食生活大公開!

ということで、夕食をメモメモ。基本的に朝は青汁、昼は軽めなので、今回は夜の食事内容を記録しました。

【月】お好み焼きwithワイン・・・・・・甘辛ソースがこのうえなく好き!
【火】とんかつ定食・・・・・・最近お気に入りの近所のとんかつ屋さん。
【水】ウニのパスタwithワイン・・・・・・近所のイタリアンで前菜・パスタ・メイン・ワイン1本。
【木】ピザwithワイン・・・・・・女の子3人でワイン5本空けました…。
【金】寿司with日本酒・・・・・・ヘルシー!?かと思うけど魚卵系はコレステロール高いのよね!
【土&日】温野菜・・・・・・タジン鍋が大活躍!

1週間の食生活を大公開!(ある週の夕食)

明らかに、平日は毎日外食が多いですね…。そして、野菜が全く不足しています…。お酒の摂取量、多いです…。 土日に健康を取り戻そうとするかのように、野菜を食べています。タジン鍋、今さらすぎるけど、超便利!

おすすめ!コレステロール値を下げる食材とは?

私の食生活を見てもわかるように、コレステロール値が高くなる原因は、毎日の食事が大きく影響します。食事から摂取する主な栄養素は、糖質、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素。まずは栄養バランスの良い食生活を心がけることが大切。分かってはいるんだけどねえ~(´Д` )
とくにビタミンは、糖質やたんぱく質、脂質が体内で利用されることを助ける働きがあります。ビタミンが不足すると、これらの栄養素は効率よく利用されないので、せっかくの栄養バランスの改善も効果が上がりません。なので、私はこれまで朝食は青汁オンリーだったのですが、青汁をヨーグルトにまぜて、さらにいちごやキウイなどのフルーツを入れて食べるようにしています。

朝食には、青汁とヨーグルトを混ぜて、フルーツも一緒に食べるようにしています。

コレステロール値を下げる食品としては、野菜や大豆食品がおすすめ!これらはビタミンが豊富なほか、脂質異常症を改善する作用のあるカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンなどのミネラル成分が豊富なので、毎日積極的に食べるようにしています。なにはともあれ、一番大切なのは規則正しい食生活、ウォーキングなどの適度な有酸素運動、ストレスを溜めない生活。これらを意識して生活するように心がけることがまずは大切だと思います。(とくに、私の場合!)
というか、お酒の量を減らそう。明らかに飲み過ぎ…!!!

編集後記

自分の食生活をこうやって振り返ると、なんともまあ、ひどすぎますね!
ただし、こうやって意識することで、週末には(たとえ「まとめて」だとしても!)たくさんの野菜や大豆製品を食べるなど、自分で調整するようになりました。すると、どうでしょう!不思議なことに平日も野菜食べたい~!と体が欲するように。なので、最近では外食でも野菜メニューをたくさん食べています。
何かの本で、
「私たちの体は100%食べたものでできています。
良いものを食べれば、良い体と心ができます。
悪いものを食べれば、悪い体と心ができます。」

という文章を見ました。
なるほど、なるほど、そうだよなあ~と納得。
良い体と心ができるように、お酒はほどほどにして、バランスの良い食生活を心がけたいと思います。

スピカズ代表 奈良留美子