2012年5月号 ハチミツでキレイになりたい!ハチミツ活用レシピ

カラダの中からキレイになりたい!
スピカズ奈良の 体が喜ぶ美容ごはん

人一倍健康になりたいと願っているスピカズの奈良が、気になる食材や調味料をチョイス。
お料理のプロ監修のもと、体が喜ぶ美容ごはんをご紹介します。

第2回 : 2012年5月号
ハチミツでキレイになりたい!ハチミツ活用レシピ

こんにちは!スピカズの奈良です。
はちみつ、ハチミツ、蜂蜜。英語ではHoney(ハニー)。ハチミツって、なんだか、かわいいイメージの食べ物ですよね。クマのプーさんもハチミツが大好きだし!
「ハチミツは体に良い」となんとなく思ってはいたけど、はて、「なんでハチミツは体に良いの?」と聞かれると、なんでだろう、なんでだろう×100回。(テツandトモ風)
そして、プロポリスとか、ローヤルゼリーとか、これって全部、ハチミツなの?けど、きっとハチには関係あるよね?という疑問。さらに、ハチミツ買うぞ!と買いに行くたびに、クリやアカシア、レンゲ、その他もろもろと、その種類の多さに、いったい何を買えばいいのやら、結局、毎回買えない私の悩み(涙)。今回はそんなハチミツについてご紹介します。

ハチミツでキレイになりたい!ハチミツ活用レシピ

なんと、ハチミツの種類は世界中に1000以上もあると言われています。ミツバチたちが一生懸命花のミツを集め、さらにミツバチの分泌物が加わることで、ミネラルがたくさん詰まった栄養価の高い食べ物になります。美味しいばかりではなく、美容や健康にとって優れた効能も!さらに、抗菌作用もあります。知れば知るほど、ハチミツが気になっちゃうわ!

まずは、ハチミツに関する私の疑問を調べてみました。

ハチミツには、クリ、アカシア、レンゲ、りんごなどの様々な種類がありますが、これは、ミツバチがミツを集めた花の違い。花が違えば、ハチミツの味も変わるのだそうです。

プロポリスは、植物の新芽、樹皮、つぼみなどから採取したエキスに、ミツバチの分泌液が混ざってできたもの。自然治癒力を高めると言われています。

また、高級健康食品として有名なローヤルゼリー。これはハチミツのように花からミツを集めたものではなく、女王バチ候補の幼虫にのみに与えられるスペシャルミルク。若い働きバチが分泌する乳白色のクリーム状の物質がローヤルゼリーなのです。

そして大切なのが、よいハチミツの見分け方。購入するときは成分表示をよ~く確認しましょう!成分表示に「加糖」と記載があるものには糖分が添加されています。また「精製ハチミツ」はにおいや色を取りのぞいたもの。選ぶときは、何の加工もされていない「純粋ハチミツ」がお勧めです。

では具体的に、健康に良いと言われているハチミツの効能とはいったい何なのでしょうか?

ハチミツの約80%は糖質。そのほとんどが「ブドウ糖」と「果糖」でできています。通常、私たちが食べ物から摂取した糖質は、消化器官で分解されてから吸収されます。しかし、ハチミツの糖質は、分解されることなく、すぐに吸収されてエネルギーに変わります。疲れ気味の体にはハチミツを補給してあげましょう。

そして、ハチミツに豊富なブドウ糖。ブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源ですが、脳の中に蓄えておくことはできません。脳が疲れたと感じるときには、消化吸収が早いハチミツがおすすめです。頭がスッキリ、集中力もアップ。ああ、もっと早く知りたかった!!!

甘くスイートなイメージのハチミツですが、細菌の繁殖を抑え、炎症を防ぐ効果もあります。のどのイガイガや咳が出るときには、ハチミツをなめたり、水に入れてうがいをしたりすると効果的です。

そして、お酒を飲む方に朗報!二日酔いになってしまったらハチミツを食べましょう!ハチミツに含まれる果糖には、アルコールの分解を速める効果があり、血中アルコール濃度を下げてくれます。ということは、お酒を飲むときの料理はハチミツを使った料理が良いってこと!?なんだか、いますぐハチミツが食べたくなってきました!!!

砂糖の代わりにハチミツを使う

ハチミツは砂糖よりも甘みがあるので、砂糖の代わりとして料理に使う場合は、レシピにある砂糖の分量の半分~6割くらいがちょうど良いといわれています。また、ハチミツは約20%が水分なので、水加減は控えめにしましょう。

次のページでは、管理栄養士の浅野まみこ先生に教えていただいたハチミツ活用レシピ「手羽先のジンジャーハニーグリル」をご紹介します。

< 前 1 2 3 次 >