2012年6月号 レシピ「豚肉と夏野菜のトマト煮込み」

カラダの中からキレイになりたい!
スピカズ奈良の 体が喜ぶ美容ごはん

豚肉活用レシピ

豚肉と夏野菜のトマト煮込み

豚肉と夏野菜のトマト煮込み(体が喜ぶ美容ごはん 豚肉活用レシピ)

材料(2人分)

豚薄切りロース
150g
たまねぎ
1/2個
トマト缶
1缶
にんにく
1かけ
オリーブオイル
大さじ1
A(肉下味)塩
小さじ1/4
A(肉下味)白こしょう
少々
A(肉下味)小麦粉
小さじ1
B(ソース) ケチャップ
大さじ3
B(ソース)塩
小さじ1/4
B(ソース)しょうゆ
小さじ1
かぼちゃ
30g
ズッキーニ
1/4本
イタリアンパセリ
好みで

作り方

  1. 豚肉にAの塩こしょうをふり、小麦粉をはたく。たまねぎは1cm程度のくし切りにする。にんにくはみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルをしき、中火で加熱し、にんにくを加える。にんにくの香りが立ってきたところに【1】の豚肉を加え、両面を焼き、別皿にとりだす。
  3. 同じフライパンで玉ねぎが透き通るまで炒め、トマト缶を加え、水分がなくなるまで煮詰める。
  4. 【3】に水100ccを加え、Bで味を整え、【2】の豚肉を戻し、10分ほど中火で煮こむ。
  5. 煮込んでいる間に、かぼちゃ、ズッキーニを1口大の薄切りにし、別のフライパンでソテーする。
  6. 器にごはんを盛り、【4】をかけ、最後に【5】の野菜を飾る。好みで、刻んだイタリアンパセリをふる。
豚肉と夏野菜のトマト煮込み(体が喜ぶ美容ごはん 豚肉活用レシピ)豚肉と夏野菜のトマト煮込み(体が喜ぶ美容ごはん 豚肉活用レシピ)豚肉と夏野菜のトマト煮込み(体が喜ぶ美容ごはん 豚肉活用レシピ)

※トマト缶は、しっかりと煮詰めることで甘みと旨みが凝縮します。煮詰めないと水っぽい仕上がりになってしまいます。

ポイント

抗酸化作用の高いリコピンたっぷりのトマトをはじめ、夏の野菜は、肌ケアにも重要な働きがあります。たまねぎには、豚肉のビタミンB1の吸収をサポートするアリシンが豊富に含まれているので、相性のよい組み合わせです。

浅野まみこ
管理栄養士 株式会社エビータ代表取締役

総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて1万5千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ、講演、栄養指導など多方面で活躍中。
TBS「はなまるマーケット」やテレビ朝日「お試しかっ!」、日本テレビ「ヒルナンデス」をはじめ、メディアや雑誌に多数出演。
銀座飲食店のヘルシーメニューの考案や、品川駅にて「管理栄養士浅野まみこ監修 47品川弁当」のプロデュースなど、「食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!」をモットーに活動している。
著書に三笠書房「やせる食べ物が一目でわかる!カロリーBOOK」。
株式会社エビータ ホームページ
 / 浅野まみこの「管理栄養士de女社長の日々」(公式ブログ)

浅野まみこ先生の豚肉活用レシピ、いかがでしたか?是非試してみてくださいね♪

< 前 1 2 3 次 >