2012年10月号 キレイな人のメイクテクニック

すぐに使えて、キレイになれる!
キレイな人のメイクテクニック

キレイな人のメイクには、真似したくなる美のヒントがいっぱい!そこで、今回はキレイな人のメイクのこだわりを伺ってきました。

窪田真理さん
「ヌーディアイ×赤系リップで、一箇所ポイントメイク!」

以前は、スモーキーアイ×ヌーディリップのバランスが好きでしたが、最近はヌーディアイ×赤系リップの組合せに凝っています。と言っても、ドスッピンではバランスがとれないので、薄づきリキッドで細くインサイド気味にラインを入れたり、潤ってみえるハイライトをまぶたに入れたり、質感でニュアンスをだすようにしています。
赤系リップを使うときは、肌がマットだったり、チークをしっかり入れたり、眉がはっきりしすぎると、古いメイクの印象になるので、どこか一箇所にポイントをおく、引き算メイクがマイブームです。

窪田真理さん

株式会社トレイン クリエイティブディレクター。
女優やモデルの口コミから火がついて大ヒット中の女優ミラーやマカロンストラップなどのクリエイティブディレクターを務める。
Blog:
http://ameblo.jp/mari-k-blog/
株式会社トレイン:
http://www.train.co.jp/corporation/

キレイをつくる、おすすめアイテム!

赤系リップたち

左から、モデルの前田典子さんに頂いたCHANELの「PARIS」。つける時は気合が必要ですが、グロスとは比べ物にならないくらい女度がアガります。中央はシャンパンのポメリーとヘレナがコラボした、シャンパンの香りの口紅。夢があるし、薄づきで血色感がでます。右はロレアルのグラムシャイン6H。これを超えるグロスに何年も出会っていないのに、廃番に。涙。どうしらいいのかと困っています。

LEDライト2倍&スタンド付き!トップ女優ミラー

自分でデザインした商品なのですが、LEDライトがついて、とっても便利なうえ、とにかく鏡を見るたびに気分が上がります。少女マンガのように、目に星も入れられます♥ 小さい頃、「おけしょう」に憧れてた時のように、メイクはメンタルな部分も大切だと思ってます!

極細で柔らかいアイブロウ

愛用しているのは、マリ・クレールのTOP STAGEエクストラスリムアイブロウペンシルです。
描きやすくて自然な仕上がりになるので、とっても使いやすいです。芯が極細で、しかも柔らかいので、すぐに無くなってしまいますが(笑)とっても良いです。

島崎由佳子さん
「肌の質感を重視。ベースメイクに力をいれます。」

メイクは大好きなので、基本的にしっかりメイク派です。
とくにこだわっているのは、肌の質感。保湿から、下地&ファンデーションのベースメイクには注力しているし、新商品がでるたびに、チェックしています。反対に、アイカラーやチークは控えめで、肌馴染みが良いものを選び、厚化粧に見えないように、全体を調整しています。また、眉はキツイ印象を与えないように、なだらかな曲線をイメージしながら少し太めに描いてから、パウダーで仕上げています。

島崎由佳子さん

フリーランスPRディレクター
総合大手PR代理店勤務後、独立。美容・ライフスタイルに特化したPRを得意とする。
Blog:
http://jade-pr.blogspot.jp/

キレイをつくる、おすすめアイテム!

RMKのメイクアップベース

言わずもがなの大ベストセラー下地。しっとり吸い込むように肌になじみ、限りなくすっぴんに近い質感で素肌美人を演出してくれます。補正効果が高く、ツルンとした肌に整えてくれるので、パウダリーファンデーションがするするとノリます。保湿力もあるので、こちらを使用する日は、オールインワンゲルで十分です。

頬の一番高い部分にチークを

アイシャドウの色によって、MACの青みピンクのものと、SUQQUの今秋新商品のオレンジのものを使い分けています。SUQQUパレットの薄いカラーは、チークの境目をぼやかすためのもの。こちらでなじませると、自然で健康的な頬の色に見える点が気に入ってます。

優しい印象を心がけて

眉は「顔の額縁」と呼ばれる重要なパーツ。キツイ顔に見られないように、気をつけています。ペンシルでなだらかに輪郭を描いた後、セットされているパウダーで隙間を埋めていきます。
この形のパウダーは、本当に使いやすいし、色が豊富な点もおすすめです!

いかがでしたでしょうか?
美人メイクのポイントは、どこかを強調したら、ついつい、いろいろ塗りたくなってしまう気持ちをグっと押さえて、どこかをぼかすという、メイクをすることが大切なようです。キレイな人のメイクの技を参考にして、秋メイクを楽しみましょう!