2012年12月号 レシピ「焼きロールキャベツ」

カラダの中からキレイになりたい!
スピカズ奈良の 体が喜ぶ美容ごはん

キャベツ活用レシピ

肌のハリ艶を保つ 焼きロールキャベツ

肌のハリ艶を保つ 焼きロールキャベツ(体が喜ぶ美容ごはん キャベツ活用レシピ)

材料(作りやすい分量)

キャベツ
4枚(外側から3~6枚を使う)
ベーコン
4枚
スライスチーズ
4枚
合い挽き肉
200g
玉ねぎ
1/4個
パン粉
大さじ1
醤油
大さじ1
こしょう
適量
大さじ2
オリーブ油
小さじ1

作り方

  1. 耐熱皿にキャベツを2枚のせてラップし、500Wのレンジで2分加熱する。残り2枚も同様に加熱したら芯を切り落とす。
    玉ねぎはみじん切りして耐熱皿にのせてラップし、500Wのレンジで1分30秒加熱する。
  2. ボウルに合い挽き肉、玉ねぎ、パン粉、醤油、こしょうを入れてこねたら4等分し、俵型にしてベーコンを巻く。
  3. キャベツの手前に【2】のひき肉ダネをのせて巻く。
    (手前をひと巻きしたら右半分を内側に折り、奥まで巻いたら左半分を中に押し込む)
  4. フライパンにオリーブ油を引いて中火にかけ、キャベツの表面を焼いたら酒を加えて蓋をし、
    弱めの中火で5分蒸し焼きしたら裏返し、更に5分蒸し焼きする。
  5. チーズをのせて余熱で溶かしたら完成。
肌のハリ艶を保つ 焼きロールキャベツ(体が喜ぶ美容ごはん キャベツ活用レシピ)肌のハリ艶を保つ 焼きロールキャベツ(体が喜ぶ美容ごはん キャベツ活用レシピ)肌のハリ艶を保つ 焼きロールキャベツ(体が喜ぶ美容ごはん キャベツ活用レシピ)肌のハリ艶を保つ 焼きロールキャベツ(体が喜ぶ美容ごはん キャベツ活用レシピ)

ポイント

キャベツに含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、肌のハリ艶を保つ働きが期待出来る上、
含まれるビタミンUには年末の食べ飲みすぎで疲れた胃の修復を助ける働きが期待できると言われています。
ひき肉ダネはベーコンで巻くことでスモークの風味やうま味が加わります。

五十嵐豪
株式会社フードクリエイティブファクトリー 代表取締役

学生時代に国際経営やCSRを専攻し、食を通した社会貢献を目指して料理研究家を開業。コンセプトとテーマを明確に打ち出して提案するロジカルクッキングが企業販促の共感を得て広告を中心に活躍する。
株式会社フードクリエイティブファクトリーを設立し、ロジカルクッキングを活用した最高のレシピ提案を最速で表現する【せっかちレシピ制作】サービスを開始。メディアへの出演、執筆、メニュー開発、商品プロデュースなどを行っている。
<著書>
『自炊男子 ウマい&かんたん&安い!みんな大好きメニュー156』(大和書房)
『彼女につくってもらいたい恋レシピ 2ステップで簡単!モテ料理』(早川書房)

次のページでは、お料理研究家の五十嵐豪先生に教えていただいたキャベツ活用レシピ「キャベツたっぷり餃子鍋」をご紹介します。