2013年3月号 話題の美容成分「プロテオグリカン」とは?

EGFの次はコレ!話題の美容成分「プロテオグリカン」とは?

美肌のために必要な成分というと、まず思い浮かぶのがコラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC。
しかし、最近気になってしょうがない成分があります。それはプロテオグリカン

プロテオグリカンってなに?

プロテオグリカンは、潤いを保つ美容成分です。その効果はヒアルロン酸以上とも言われています。コラーゲンなどと同様に、プロテオグリカンも年齢とともに体の中から減少していきます。

プロテオグリカンにはヒアルロン酸の130%もの保水力があるともいわれています。今、美容業界でもっとも注目されている成分のひとつではないでしょうか!

登場しなかった理由

プロテオグリカンは高濃度で抽出することが難しかったため、最近まで市場には出回っていませんでした。なんと、1グラムあたり3,000万円(!)とも言われた時期もありましたが、長年の研究によって、ようやくわたしたちの手が届く価格になりました。

プロテオグリカンの効果

アンチエイジング効果

いまやアンチエイジング成分として認知されている「EGF」。EGFは古い皮膚の細胞を新しく生まれ変わらせる“ターンオーバー”を助ける作用があります。プロテオグリカンにもEGFと同じような働きがあり、その結果、シミやくすみなど、気になるエイジングサインに効果を発揮するといわれています。

保湿作用

プロテオグリカンには、コラーゲン産生促進作用と、ヒアルロン酸産生促進作用があります。コラーゲンやヒアルロン酸を増やして、しっかりと潤わせることで、肌トラブルの原因となる乾燥を防いでくれます。

関節軟骨のクッション効果

関節軟骨を構成する要素の約70%は水分です。そして残りの30%がコラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどで占められます。プロテオグリカンは、関節軟骨でスポンジのように水分をたっぷりと含んで保持し、ふしぶしの悩みにアプローチします。

編集後記

最初にプロテオグリカンを知ったのは、お友達の青森のお土産で、プロテオグリカン入りのキャンディーをもらったのが最初でした。しかも、その時の説明が「とにかく目にいいから、食べて!」と。それからというもの、そのお友達に会うたびに、プロテオグリカンの話題がでるもので、いつの間にか、わたしもプロテオグリカン教に入信していたのでした。好きすぎて、発売予定のスキンケアシリーズにも入れちゃった!

スピカズ 奈良留美子

参考:奇跡の新素材プロテオグリカン(小学館新書)