2013年11月号 コラム「アラフォーのお尻問題」

スピカズ代表・奈良留美子のコラム「やっぱり知りたい!OH!my Beauty!」Vol.15 2013年11月

こんにちは。スピカズの奈良です。このコーナーでは、私が気になっている美容に関するあれこれを気ままにつづっています。
今月のテーマは「アラフォーのお尻問題」です。

「ぷるるん!」なお尻になりた~い!

気づかないふりをしていたのだけど…。
見ないようにしていたのだけど…。
自分は違う!って思いたかったのだけど…。

久しぶりに思い切って、鏡で後ろ姿を見てみると、お尻が4つありました!!!!!涙!
いやもうね、衝撃ですよ。言葉が出なかったですよ。パンツから、お尻が「ブニッ」って出ているわけですよ!
というか、お尻の形が四角になっている!?

勇気を出してもう少しじっくりと見てみると、ちょっと、奥さま!おしりのほっぺの下の部分がくすんでいましたよ!
美容に詳しいお友達に相談したら、「仕事で座りっぱなしだと、お尻にずっと圧力がかかっているし、摩擦を繰り返しているから、くすんでしまうのは仕方がない」とのこと。そこでおすすめされたのが、真ん中に穴があいたクッション…。さすがにちょっと、それは恥ずかしいよね…。

アラフォーのお尻問題はとっても深刻で(わたしだけでしょうか…)、お尻が四角になってパンツからはみだしてしまう問題。そして、お尻のほっぺの部分がガサガサしている問題。さらに、お尻のほっぺの下の部分がくすんでしまう問題。つまり、“お尻の三重苦”なわけであります。

パンツからお尻がはみだしてしまう問題については、ガードルを履くことで「ぷるるん!」としたお尻を作ることもできるのでしょうが、未婚のアラフォーにとって、日々ガードルを履くというのは、いったいどうなんでしょうか…。
どうして、私のお尻がこんなことになってしまったのか、原因を調べてみました。

お尻問題が起こってしまう原因は主に3つあるとのこと。
原因1 摩擦
原因2 乾燥
原因3 角質肥厚

乾燥はバランシングゲルを塗って、角質肥厚はスクラブをきちんとするようにして、、けど、摩擦だけはやっぱりどうしようもないから、ドーナツ型クッションを買うしかないのでしょうか…。

ここでもやっぱり筋肉問題が…

お尻が四角い問題について、わたしの頼れるエステティシャン!エステのえっちゃんに相談してみたところ、
「それは、老化だからしょうがありません」との回答が…。
老化だったら、しょうがないよね…

って、一瞬納得してしまいそうになるくらい、『老化』って言葉は破壊力がありますね!
さらに、「わたしなんて、お尻が台形だよ!」と…。お尻が台形って!!!!!笑!
なんてことでしょう!?

で、「ぷるるん!」としたおしりになるためには、セルライトをつぶして、流して、筋肉をつけること!だそうです。
筋肉かあ~、ということは、やっぱり、お尻エクササイズとかしなくちゃいけないってことですよね。

身体を動かすことが本当に嫌いなわたし。というか、疲れて家に帰ったらお風呂に入るのだけで精一杯!というか、最近は、お風呂にお湯をためている間に力尽きて、化粧も落とさずソファーで朝まで寝ていることもあるし!(ただの飲み過ぎな人という噂もありますが!)

とてもじゃないけど、寝る前に「お尻エクササイズするわよ!」なんて、出来ない~!!!!!!!ああ、どこかに、一瞬でお尻が「ぷるるん!」となるサプリとかないかなあ~!!!!!

画像:アラフォーのお尻問題

美容はやはり日々の努力なのですなあ~。

肌のお手入れもそうですが、『美を保つ』ということは、毎日の継続しかないのだろうなあ~と実感。アラフォーになって深刻に実感をする次第でございます。

けどさ!お尻なんて、そんなにやたらと人に見せるものじゃないし、どうしても後回しになってしまうという私の現実。いっそのこと、アラフォーのグラビアデビュー!とかで、どうしても水着になって人様にお尻を見せなきゃいけない状況を作ってしまえば、「毎日、お尻エクササイズしなくちゃ!」ってことになるかも!?なんて思ったりしたけど、そんなの全く現実的ではないしなあ~!!!!!!

唯一、現実的なのかも、と思うのが、恋をすること。
だって、好きな人ができると、外見を磨こうと努力をしようとするでしょ!女性ホルモンというかエストロゲンが分泌されて、お肌のツヤもよくなり、いいことだらけ!来るべき時のために、きっとボディケアも怠らないでしょ!?

で。恋って、いったいどうしたらできるんだっけ?と思って、とりあえずグーグルで検索してみました。
検索ワードは「アラフォーです。恋ができません。」
そしたら、とあるQ&Aサイトで、同じような悩みを抱えている方の質問にたどりつきました!
ああ、ほんとうに便利な世の中になりましたね!というか、最終的にはお尻問題とかの悩みじゃなくなっているし!

結論。日々のケアを継続するためには、きれいになるぞ!という気持ちが重要だということなのでしょうかね!

編集後記

もう、女性としてどうなの!?という
「アラフォーです。恋ができません。」
という言葉でたどりついたQ&Aサイト。
なるほど~!と思った回答を一部紹介。

『アラフォーってことは、
女性の最大の武器である若さというものはあまり使えません。
お尻や胸の魅力では若い子にはもう負けてしまうわけです。
別の部分で頑張りましょう!』


・・・・・

・・・・・・・・・・

勉強になります・・・。

スピカズ代表 奈良留美子