化粧品で肌がかぶれた!腫れた!肌トラブルで覚えておきたい対処方法

この記事は約 2 57 秒で読めます。

毎年数えきれないほど膨大な数が発売されている化粧品。

その全てが自分の肌に合うという人はごく稀で、誰にでも合う化粧品、合わない化粧品があると思います。

化粧品で肌がかぶれたり、腫れるなどのトラブルが生じた時。

慌てないために注意するべきことをまとめてみました。

化粧品で肌トラブルが起こったときの参考にしてください。

化粧品で肌がかぶれるのはどうして?

食べ物にアレルギーがあるように、化粧品に含まれている成分によって肌が反応してしまう場合があります。

それは人によって異なり、ある人にはとても合う成分でも、別の人にとっては全く合わずに肌トラブルの原因となってしまうことも。

肌に合わない化粧品を使うと、炎症が起きてかぶれたり、赤くなったり、腫れたり、痛みやかゆみを伴う場合もあります。

また、間違えた使用方法で肌トラブルに発展する場合も。

化粧品を使うときに、肌をこすり過ぎて傷めてしまい、小さなキズができてしまい炎症を起こす場合もあります。

これらに加え、体調や季節、体質、ホルモンバランスの乱れなどの要因が、複合的に組み合わさることもあります。

化粧品を使って異常を感じた時の応急処置

化粧品を使って肌に異常を感じた時の応急処置は次の通りです。

化粧品で肌トラブルが起こった場合は、慌てずに以下の対処しましょう。

  • 使用した化粧品を水かぬるま湯で洗い流す
  • 清潔な柔らかいタオルで押さえるようにして水気をふき取る
  • 他の化粧品などを使ったり、メイクはしないで様子を見る
  • 直射日光に当たらないようにし、ゆっくり休む
  • かぶれたり腫れたりしたところは触らないように気をつける

しばらく様子をみても側の状態が良くならない場合は、
皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにして下さい。

その他に、化粧品を使って肌に異常を感じた時は次の点にも注意して下さい。

  • アルコールやにんにく、トウガラシなど刺戟になるものは口にしない
  • パーマやヘアカラーなどは止めておく
  • 運動やエステ、マッサージなどは止めておく

肌が強いと過信しないで!こんな時に要注意

化粧品を使って肌がかぶれたことがなく、自分は肌が強いという自信がある方でも油断は禁物です。

生理前や生理中などは肌が敏感になっていて、体調も崩しやすい時です。新しい化粧品を使い始めるなら生理後にしておいたほうがよいでしょう。

また、女性は妊娠中や出産後に肌質が変わることが多いので、それまで使っていた化粧品が合わなくなることがあります。

この時期は敏感肌用の化粧品に変えるなど、肌を労わることが大切です。
そして季節の変わり目にも注意が必要。

特に冬から春に変わる時期は花粉の影響もあり、肌が敏感に傾きます。

極力刺激になるようなことは避け、美顔器やエステでのお手入れも慎重に行いましょう。

肌が敏感なときは、どんなスキンケアをするべき?

季節の変わり目、花粉の時期、生理前など、肌が敏感に傾いているときは、どのようなスキンケアをすればいいのでしょうか。

健康な肌は、バリア機能が正常に働き、外部からの刺激から肌を守ったり、肌の水分が逃げないように守ります。

しかし、敏感肌に傾いているときは、肌のバリア機能が低下している以下のようなイラストの状態に。

このように外部からの刺激を受けやすい状態の肌は、化粧品でさえも刺激に感じる場合があります。

あれこれと化粧品を使うスキンケアよりも、シンプルなスキンケアをするようにしましゅお。

肌が敏感なときは、シンプルなスキンケアにしたほうがいい理由

化粧品は、美容成分以外に、化粧品の品質を維持するための防腐剤などの品質保持剤が配合されています。

この品質保持剤は、本来肌に必要のない成分になります。

肌が健康な場合、刺激になることはありませんが、バリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすい肌の状態では、この品質保持剤も刺激になる場合があります。

ですから、バリア機能が低下して肌が敏感な状態のときは、なるべくシンプルなスキンケアにしたほうがいいです。

バリア機能を高めるために、取り入れたい美容成分

肌のバリア機能を高めるために、スキンケアに取り入れたい成分が〝セラミド″です。

わたしたちの肌のうるおいは、「皮脂」「天然保湿因子(NMF)」「セラミドなどの角質細胞間脂質」の3つがあります。

これらの成分で、わたしたちの肌の水分は維持されていますが、40~60%をセラミドが占めています。

セラミドが不足している肌は、細胞と細胞の間にすきまができて、肌の水分が外へ逃げやすくなるほか、外部からの刺激を受けやすくなっています。

ですから、バリア機能が低下した肌には、セラミドが配合された化粧品をとりいれるのが効果的です。

肌が敏感なときのおすすめの化粧品

「シンプルなスキンケアができて、セラミドが配合された化粧品」

この条件を満たす化粧品が、ナチュラルエレメンツのバランシングゲルです。

バランシングゲルは、1本でスキンケアが完結するオールインワン化粧品ですが、乳液とクリームの中間のような〝もっちりとしたゲル″が特徴になります。

もっちりとしたゲルが、ガサガサになった肌をふんわり包み込み、肌のうるおいを閉じ込めます。

また、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱと3種類のヒト型セラミドが配合されているので、敏感肌に不足しているセラミドを補給することもできます。

一般的なオールインワンゲルは、水のような軽いテクスチャーが多いので、もっちりとしたゲルに最初は不安になるのですが、肌に塗るのすぐにスーッと浸透します。

使いはじめて1週間くらいで、肌の調子が良くなってきたとわたしは実感しました。

多くのオールインワンゲルが50~80gという容量の中、バランシングゲルは、容量も150gと大容量なので、とにかくモチがよくてコスパもいいのでおすすめです。

肌トラブルを抱えて肌が敏感なときは、とにかくシンプル&セラミド!

筆者は以前、ある有名なオーガニックコスメの化粧水を使い、顔から首までが一瞬で真っ赤に腫れたことがあります。

すぐに水で洗い流して様子を見たところ、数時間で引いたのですが・・・。それまで肌は強いと思っていたので、とても驚きました。

化粧品で肌がかぶれるトラブルは突然やってくるかもしれません。

このようなときは、とにかく、慌てずにシンプルなスキンケアで肌を労わりましょう。

そして、セラミドが配合された化粧品を使って、肌のバリア機能を高めるケアを重点的にを忘れずに。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!