成分について

Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、コラーゲンの種類について

肌の真皮層の90%以上が
コラーゲン繊維で構成されています。

で、コラーゲンといってもさまざまな種類があり、
現在29種類ほどのコラーゲンが存在することが確認されていて、

発見された順にⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型と名付けられ、
型によってコラーゲンの存在部位、構造、機能が異なります。

Ⅰ型コラーゲン 皮膚、骨、腱、角膜など
Ⅱ型コラーゲン 軟骨など
Ⅲ型コラーゲン 皮膚や血管壁など

ときどき〝ベビーコラーゲン″と呼ばれるものを耳にしますが、
これは、Ⅲ型コラーゲンで胎児期に多く生成されるコラーゲンということで、
通称で〝ベビーコラーゲン”と呼ばれているそうです。

CパックのコラーゲンはⅠ型コラーゲンで、
人の肌と同じ三重らせん構造コラーゲンになります。

同じⅠ型コラーゲンでも、
牛、豚、鳥、魚など、
コラーゲンを抽出する素材もさまざまですが、

BSE問題が発生してからは、
豚や魚由来のコラーゲンが主流になっています。
Cパックのコラーゲンは魚由来のコラーゲンになります。

で、ブログでも何度も触れているように、
コラーゲンを肌に塗っても、飲んでも、
肌のコラーゲンになるわけではありません。

ただ、コラーゲンの中でも三重らせん構造コラーゲンは
ゼラチンや加水分解コラーゲンと比較して
保水力、保湿力、小じわやシワの変化など
評価試験では一番結果をだしている成分。

肌をしっかりと保湿することで、
肌の土台をしっかりと立て直して保湿力とバリア機能を高めます。

なので、Cパックを塗った直後の肌を手で触れると
手に肌が吸いつくほど、しっとり。

できれば、毎日使いたいところだけど、
まずは週1、2回のスペシャルケアとして
取り入れてみるのがおすすめです!

関連記事

  1. 成分について

    セラミド教入信10年、39才の肌。-セラミドの話-

    その昔、ひど~い肌荒れをしてからセラミド教に入信して、(そんな…

  2. 成分について

    ビタミンCと美肌の関係

    美白効果で有名なビタミンCですが、ビタミンCは美白効果以外にも、…

  3. 成分について

    レモン果実エキスにはリモネンが含まれる?

    化粧品原料で誤解されがちなのが、柑橘系原料の光毒性。昨日も…

  4. 成分について

    塗る乳酸菌 “ラ・フローラ EC-12®”

    原料会社の方に「この成分、ほんと~にいいんですよ!」と紹介され…

  5. 成分について

    化粧品原料のヒト幹細胞

    国内最大の美容の展示会、ビューティーワールド@ビックサイトに。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

友だち追加

ナチュラルエレメンツのLINE@ 割引クーポンやキャンペーンの緊急告知、イベント情報など配信しております! ぜひ、お友達登録お願いします。

ナチュラルエレメンツ

ナチュラルエレメンツ

最近の記事

  1. 旅は身軽派だけど、現地ではボロ雑巾
  2. 1泊2日の台湾旅行
  3. そうだ、熱海へ行こう ~40分で旅行気分~
  4. 母の誕生日。
  5. 10月からの消費税の取扱いにつきまして
PAGE TOP