やってはいけない!秋のおブス肌を作る5つの原因とは?

この記事は約 1 20 秒で読めます。

こんにちは!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。今年は夏が長く続いた後、急に気温が下がりました。気温が下がると湿度も下がるので、肌の乾燥が気になってきますね。

夏から秋へと季節が変わる時、誤ったお手入れが原因でさらに肌の乾燥を招くことがあります。乾燥はシワ、シミ、たるみ、肌荒れなどあらゆる肌悩みを生みます。

やってはいけない、秋のおブス肌を作る○つの原因とは?

お湯で洗顔している

101702

暑い日は水で顔を洗っていても、寒くなるとお湯を使うようになる方。体温以下のぬるま湯なら良いのですが、それ以上高い温度のお湯で洗顔するのはNGです。汚れはよく落ちますが、必要な皮脂まで落としてしまうため肌の乾燥を招くことに。

熱いお湯は乾燥とシワの原因。寒くても洗顔時のお湯は低めの温度にしましょう。

拭き取りタイプのメイク落としを使っている

肌は思っている以上に薄くてデリケート。クレンジングの時に拭き取りタイプのメイク落としを使って、ゴシゴシと肌を擦っていませんか?

乳液やクリームのようなミルクタイプならまだしも、化粧水のようなウォータータイプのクレンジングは肌の上で起こる摩擦が心配です。

また、値段の高いクレンジングを使っているからといって安心できません。もったいないという気持ちで、量を少な目に使いがちになると肌への負担が大きくなります。

美白コスメを使うのを止めた

101703

夏まではせっせと美白コスメを使っていたのに、秋になると止めてしまう方も多いようです。

紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでいます。夏に浴びた紫外線ダメージをケアする意味では、秋こそ美白コスメを活躍させる時。また、日焼け止めや日傘など、UV対策も1年を通して行うようにしましょう。

夏用ファンデや下地を使っている

夏に買ったファンデーションや化粧下地が残っているからといって、それをまだ使い続けていませんか?オールシーズンOKのものなら良いのですが、皮脂を抑える夏仕様のタイプだと肌の乾燥を招いてしまいます。

この時期は、秋冬に適した保湿タイプのファンデーションや化粧下地が各ブランドから発売されます。もったいないからと、いつまでも夏用コスメを使わずに、お肌のことを考えて秋冬用にチェンジしましょう。

水分を摂らなくなった

101701

暑い日は水分をたくさん摂っていても、寒くなるとあまり飲まなくなる方もいますよね。水分を摂らないと、肌の水分も不足してしまいます。

成人が1日に必要な水分は、体重1キロあたり50mlです。食事や体の代謝物からも水分が摂れるので、実際に水やお茶で飲むのはこの半量を目安にします。常温または温かいお茶などで、秋でも水分を小まめに摂るようにしましょう。

秋のおブス肌を作る5つの原因。あてはまるものはありましたか?

洗顔では熱いお湯は使わず、クレンジングでは肌にダメージを与えないようにし、美白コスメも活用。ファンデーションや下地は秋冬用にチェンジして、水分を小まめに補給!心がけ一つで乾燥やダメージから肌を守ることができます。秋の美肌対策にぜひ役立ててみて下さいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!