ちゃんとスキンケアしてるのにシワが…どうして?!

この記事は約 1 5 秒で読めます。

タイトルを見てドキッとしたあなた。努力の甲斐なく、増えていくシワに悩んでいませんか?

実は、もともとの肌質だけでなく、なにげない習慣によってシワを増やしている可能性が。手遅れになる前に、シワの原因をつき止め、対策を始めましょう!

■シワができやすい人の傾向&その対策

1)紫外線を浴びている時間が長い人

051101

→紫外線対策をする!
シワ・シミなど、肌老化の原因の80%を占めるといわれる紫外線。紫外線量は5月頃から増え始め、6〜8月にピークを迎えます。日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子を使用するなどして、早めにケアを始めてくださいね!

2)表情が豊かな人

→表情筋を鍛える!
目を大きく見開いたり、眉毛を上下させたり、よく笑ったり…と、表情が豊かな人ほど、表情ジワは増えてしまいます。オフェロ表情に欠かせない上目づかいは、額のシワを増やす原因に。

意識して表情グセを直すのが効果的ですが、豊かな表情はその人の魅力の1つ。表情筋を鍛えて、シワができにくい状態に整えましょう。

3)乾燥肌の人

051102

→ブースターを導入して保水力を高める!
クリームや化粧水をつけて肌がベタベタしていれば、保湿できていると思い込んでる人がいますが、それはNG!

特に乾燥肌の人は、化粧水をつける前にブースターを取り入れるなどして、肌の保水力を高めるのが大切です。化粧水がグングン入っていきますよ!

4)肌に刺激を与えてしまう人

→ゴシゴシケアから猫なでケアに!
クレンジング時、アイメイクをオフするためにゴシゴシ洗っている人は要注意。目の周りの皮フは顔の中で最も薄く、シワができやすい部分です。

ポイントメイクリムーバーを使用するなど、ひと手間加えて、肌への刺激は最小限に。

5)急激に痩せた人

→ダイエットするなら月に2キロを上限に
無理なダイエットをしてしまった人に多い、ダイエットジワ。パンパンに張った状態から、ゲッソリ痩せてしまうと肌がたるみ、シワができやすくなります。産後のおなかを想像すると分かりやすいですね。

ダイエットするなら、ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンなど美肌に欠かせない成分を補うのも忘れずに。

これからの季節、紫外線や冷房による乾燥など、肌にとってはツライ状況が続きます。夏こそ、スキンケアの正念場。正しいケアでシワと無縁の夏を過ごしましょう!

コスメデコルテ モイスチャア リポソーム

ランコム ジェニフィック アドバンスト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

熊谷真理
熊谷真理記事一覧
NY近郊在住の美容ライター。日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramでは、ほぼ毎日メイクアップ写真を更新中!この春からはNY州認定エステティシャン資格取得を目指し、スクール通いを開始予定。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!