「冷え=夏太り」に要注意!『冷えない食べ方』とは?

この記事は約 0 55 秒で読めます。

肌の露出が多くなるこの時期。暑くなれば代謝も良くなり、冬に比べて痩せやすいように思いますが、「なぜか太ってしまった……」という方も少なくない模様。これこそいわゆる『夏太り』ですが、実はその原因として“冷え”が大きく関係しているのです。

“冷え”の防止策としては、
・冷たいものは飲みすぎない (できれば外食でもお冷は「氷なし」で!)
・お風呂をシャワーだけで済まさない (きちんとお湯に浸かって温まる)
・冷房の風に長時間あたらない (外の風に当たったり、室内では羽織もので工夫)

などがありますが、これらはあくまで基本の「き」。
冷えは万病のもとと言われているように、身体を冷やすことは夏太りを引き起こすだけでなく、病気の要因にもなりかねません。

そこで今回は、『冷えない食べ方』についてご紹介します。

ポイントは……【身体を冷やす食べ物を摂るときは、身体を温める食べ物を添える】こと。とはいえ、夏の食べ物と言えば、身体を冷やす食べ物が多いのが現状。冷房などがなかった時代は、暑さをしのぐために必要な自然の原理だったのかもしれませんが、今の時代は『温める努力』の方をしなければいけないのです。

『温める努力』といっても、暑いのに無理して厚着しろとか、そういったことではありません。「冷えを起こす食べ物と、温める食べ物を組み合わせて食べる」といった簡単な方法を取り入れるだけでOKです! 例えば、身体を冷やす食べ物『豆腐』を冷ややっこで食べたいときは、身体を温める作用のある『ショウガ』や『ネギ』を薬味として添えるなど。他にも、こんな組み合わせが考えられます。

* 身体を冷やす『トマト』は、身体を温める作用のある『肉』で煮込む。
* 身体を冷やす『キュウリ』には、身体を温める作用のある『味噌』を付けて食べる。
* 身体を冷やす『パン』には、身体を温める作用のある『チーズ』をのせる。
* 身体を冷やす『ケーキ』は、身体を温める作用のある『紅茶』 と一緒に頂く。

これなら簡単ですよね。是非、毎日の生活の中にも取り入れて、今年こそ『夏太り』知らずの美ボディを目指しましょう! 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

鈴木 絢子
鈴木 絢子記事一覧
大学在学中、北京大学に短期語学留学し、中国上海TVのリポーター、中国雑誌の企画・ライターとして活動。大学卒業後、大手美容外科・化粧品会社の広報PR担当を経て、広告代理店で薬事法・ライターの専門の部署を設立。美容・健康食品関連のコンサルティングで携わった企業は500社を越す。独立後は美容コンサルティング会社 (株)エリートレーベルを設立し、化粧品・健康食品のプロデュースや、講演、MC、メディア出演、執筆など幅広く活動中。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!