質の良い睡眠で美人になる5つの方法

この記事は約 0 50 秒で読めます。

こんにちは!キレイナビの飯塚美香です。20代の頃は寝る間も惜しんで夜遊びを楽しんでいたというのに、最近は遊びより何より睡眠が大切!睡眠不足は肌のターンオーバーを乱してくすみや乾燥を招いたり、免疫力が低下して疲れやすくなったり、そして太りやすくもなる美容の大敵なのです!

睡眠時間が長いだけでは良い睡眠とは言えません。たとえ短時間でも質の良い睡眠をとって、美人度をアップさせましょう!今回は質の良い睡眠で美人になる5つのポイントをご紹介します。

●寝る前に画面を見る時間を減らす
テレビやパソコンのモニタのような、光を発するデバイスを見てしまうと、体は眠ろうとしているのに、脳は別の刺激を受けてしまいます。ベッドにスマホを持ち込まないのが理想的です。

●就寝の30分前から部屋の照明を落とす
照明を落とせば脳内のメラトニンが徐々に分泌されてきて、スムーズに眠りに入っていくことができます。部屋は真っ暗か間接照明の弱い光だけにしましょう。

●あたたかい牛乳を飲む
牛乳には精神的にリラックスさせてくれる効果が!トリプトファンがイライラを抑え、ビタミンB群が高ぶった神経を鎮めてくれます。

●足湯に入る
足先が冷えて眠れない時は、足のくるぶしまで42℃~45℃のお湯に5~10分間浸けながらグー・チョキ・パー運動をすると効果的です。

●日頃からビタミンB群の物を食べる
納豆、タマネギ、海苔、レバー、チーズ、しじみ、煮干しなどを積極的に食べるようにしましょう。

成長ホルモンが分泌される肌のゴールデンタイムは22~2時と言われています。その間に眠りに入ることが望ましいと言われていますが、「早く寝なくちゃ、でも眠れない!」という焦りがかえって睡眠不足や不眠症を招いてしまうケースも中にはあります。

何がなんでも肌のゴールデンタイムを死守しなくても、心地よい睡眠を取ることを心がけて、美人に磨きをかけちゃいましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!