意外なアノ組み合わせが腸に効く!ポッコリ下腹解消の最強レシピご紹介

この記事は約 1 38 秒で読めます。

夏になるにつれて薄着になるとボディラインが気になってきますよね。特に目立ちがちなポッコリ下腹。そこで今回紹介するのは、芸人の友近さんが10日間で体重-2㎏、下腹周り-9㎝のダイエットに成功した下腹解消術です。

意外な食材の組み合わせと簡単なエクササイズで、腸を内側と外側から整え下腹をスッキリさせることができるのです。短期間で簡単に実践できるので是非試してみましょう。

◆下腹がポッコリしてしまう原因とは?

下腹ポッコリの原因には「便秘」「内臓脂肪」「内臓周りの筋肉の低下」などがあります。便秘によって溜まった便が腐敗され膨張し、さらに筋肉が内臓を支えきれず前に押し出されるわけです。だから、内側と外側から整える必要があるのです。

◆用意するのは3つだけ!意外な組み合わせで美味しくスッキリ腸内美人♪

060602

下腹ポッコリを解消するのに友近さんが食べていたのは「アボカドはちみつヨーグルト」です。アボカドとはちみつとヨーグルトとの組み合わせに驚く人も多いかもしれませんが、この3つの食材には腸内環境を整えるのに必要な栄養素が含まれているのです。

アボカド・・・水溶性食物繊維
はちみつ・・・オリゴ糖
ヨーグルト・・・乳酸菌

乳酸菌は善玉菌を増やし、食物繊維やオリゴ糖は善玉菌のエサとなって便通を良くしてくれます。まさに、腸内にとって最強のレシピといえるでしょう。作り方はとても簡単なのでさっそく作ってみましょう。

<材料>
・アボカド 半分
・はちみつ 大さじ1
・ヨーグルト 100g
・レモン汁 適量

<作り方>
1 スプーンでアボカドをくり抜き、適度な大きさ刻む。
2 アボガドを潰しながら、全部の材料と混ぜ合わせて完成!

1日の約250gを朝晩にわけて食べることをオススメします。気になる味は友近さんも絶賛するほどですので試す価値ありですよ。筆者もこのヨーグルトを食べ始めてから、便通がとても良くなったのを実感しています。

さらに、毎日飽きずに摂取しやすいようにアレンジレシピも紹介しますね。

◆レシピも色々!アボカドはちみつヨーグルトの美味しい活用術

060601

<アレンジ1:ポテトサラダ>
マヨネーズを大さじ1加えたアボカドはちみつヨーグルトと、マッシュしたジャガイモとスライスして塩もみしたキュウリ混ぜ合わせて完成。

<アレンジ2:ディップ>
マヨネーズ小さじ2を加えてミキサーにかけて完成。クラッカーにつけてワインのお供に!

<アレンジ3:スムージー>

牛乳を適量加えてミキサーにかけて完成。朝食やおやつ代わりにも!

◆腸腰筋を鍛える簡単エクササイズ

腸を整えポッコリ下腹を解消するには内側だけでなく、腸の外側に寄り添う「腸腰筋」を鍛えるのも重要となります。ポイントは縮んでしまった腸腰筋を伸ばすことと、筋力アップのために腸腰筋を引き締めることです。

朝晩2分の簡単なエクササイズなので忙しくてもすぐに実践できますよ。

<腸腰筋を伸ばすエクササイズ>

1 立った状態から足を前後に開く。
2 片方の足は膝を立て、反対の足はアキレス腱を伸ばすようにゆっくりと腰を落とす。
3 上半身は床と垂直にし、正面をむく。
4 左右10秒ずつ行う。

<腸腰筋を引き締めるエクササイズ>

1 椅子に腰かけ、足を肩幅くらいに開く。
2 腰に手を当てて骨盤を意識する。
3 上半身は動かさず、片方の足を付け根からゆっくり上げ下げする。
 (無理ならつま先が床についてもOKです)
4 左右10回ずつ朝晩行う。

こんなに簡単なら、忙しい友近さんが短期間で無理せず減量できたのも納得ですね。腸を内側と外側から整えることで、しっかりとした効果を得ることができます。

夏本番になる前にポッコリ下腹とはサヨナラしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

喜田泉
喜田泉記事一覧
医療関係の仕事をしていた両親の影響もあり、自身の肌や体の悩みの改善策を学びたいという思いから、大学卒業後はドラックストアの美容部員として働く。美容知識やメイクのノウハウを学び美意識を高める。また、インナーケアの大切さや栄養成分などにも興味を持ち、登録販売者の資格を取得することで知識の幅を広げ、多くのお客様に提供する。モットーは、まずは調べて実践!コツコツ毎日積み重ね!を基に、気になることは情報収集し、日々さまざまな美容法やダイエットの研究に励む。
blog

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!