食欲の秋をダイエットの秋へ!痩せやすい体を目指す3つのコツ

この記事は約 1 5 秒で読めます。

こんにちは!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。10月に入り、だんだんと秋らしくなってきました。実りの秋は食べ物が美味しくて、つい食べ過ぎてしまいますよね。

今年の秋は食欲の秋ではなくダイエットの秋にしませんか?痩せやすい体を目指す3つのコツをご紹介します。

秋のスイーツは3時のおやつに食べる

093002

秋限定の栗やさつまいも、かぼちゃを使ったスイーツ。この季節はファミレスでもコンビニでも美味しそうな秋のスイーツが出揃います。痩せやすい体を目指すなら、甘いスイーツは午後3時のおやつに食べましょう。

脂肪細胞に脂肪を溜め込む時には、BMAL1というタンパク質が働きます。午後3時はこのBMAL1の分泌量が1日のうちで最も少ない時間帯。甘いスイーツを食べても脂肪が溜まりにくいのです。

逆にBMAL1の分泌量が最も多くなるのは午後10時〜午前2時です。 秋のスイーツは3時のおやつで楽しみましょう。

旬の野菜やきのこをたっぷり食べる

093001

秋といえば、秋刀魚、栗、さつまいも、松茸など美味しい旬の食材が豊富な季節。今は魚の養殖や野菜の温室栽培、輸入などで、どんな食材でも1年中手に入れることができますが、やはり季節ごとの旬の食材を美味しく頂くのがおすすめ。旬の食材には栄養が豊富に含まれています。

体の代謝にはビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養が必要になります。旬の野菜やきのこ、魚などをバランス良くたっぷり食べれば、代謝の良い痩せやすい体を目指すことができます。

食後30分経ったら体を動かす

093003

美味しく食べた後は、その分体を動かすことを習慣にしましょう。カロリーを少々オーバーしてしまっても、体を動かして消費すれば大丈夫。運動が苦手な方や、運動する時間が取れなくても、生活の中で動くことを心がけるだけでカロリーの消費量は高くなります。

痩せやすい体を目指すなら、食後30分経ってから体を動かすと効果的。食後の血糖値の上昇を抑えることで、脂肪が体に溜まりにくくなります。

ランチ後ならウィンドウショッピングをしながら歩き回ったり、夜に外食をしたら一駅分歩いたり、お風呂に長めに浸かってウエストひねりをするのもおすすめです。

汗をかく夏の方が代謝が上がり痩せやすいイメージがあるかもしれませんが、実は秋冬の寒くなってからのほうが痩せやすい時期。寒いと体を温めるために代謝が上がるのです。

秋から冬にかけてはダイエットのゴールデンシーズン!美味しく食べながら痩せやすい体作りをしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

飯塚 美香
飯塚 美香記事一覧
有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」やエステ予約サイト「美得」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし、主にWEB上でライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やECショップのメールマガジン作成など担当する。また、インターネットに留まらず全国各地で美容イベントを開催。美容薬学や薬膳マイスターの資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。個々の悩みに応じたレシピを作成するヘルシーレシピ研究家としても活動。体調に合わせたレシピを作成し講習会で発表している。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!