肌の日焼け対策じゃ足りません!髪の日焼けにもご用心!

この記事は約 0 55 秒で読めます。

真夏、海へ山へとアウトドアに行かれる方も多いですよね。そんな外出イベントも多くなるこの季節ですが、肌の日焼け対策はバッチリだという方も、意外と髪の毛の日焼け対策は見落としがちではないでしょうか?

紫外線は肌だけでなく髪の毛にも影響を及ぼし、いつの間にか髪がパサパサになって痛みやすくなってしまいます。その上、切れ毛や枝毛、抜け毛の原因にもなってしまうので、肌の日焼け対策だけで満足してしまうのは危険です。

そこで今回は、暑い夏に実践して欲しい、美髪を守る方法をご紹介します。

■なるべく日陰を歩く

081004

アウトドアで出かける時はなかなか難しいかもしれませんが、直接紫外線を浴びないのが一番です。できるだけ日かげを通るように心がけましょう。

■日傘・帽子は必須

081002

日陰を歩けない場合は、面倒であっても日傘や帽子を活用した方が日焼け防止になります。「頭が窮屈な感じがする」「蒸れて不快」「せっかくのヘアーセットが台無し!」と思われる方もいるかもしれませんが、帽子は頭皮の日焼けだけでなく、熱中症対策にも効果的なので是非ご活用ください。

■髪の分け目を変える

081001

自分で見ることができませんが、頭皮の日焼けは着々と進んでいます。特にいつも髪の毛は同じ分け目だという方、気を付けてください。

身近な人に、いつもの髪の毛の分け目と、他の部分の頭皮との色の違いを見てもらってください。「いつもの分け目のところだけ焦げている!?」なんて指摘を受けるかもしれません。

■髪をまとめる

081005

日焼けの表面積を小さくするので、髪をまとめるのも効果的です。まとめた時は、うなじが日焼けしないように日焼け止めも忘れないようにしましょう。

それでも日焼けしてしまったら・・・

どんなに日焼け対策をしていても、日焼けはしてしまうものです。髪の毛も肌と同じように、日焼け後のアフターケアが大切です。普段以上に髪の毛の保湿やヘアパックは念入りに行いましょう。特に痛んだ部分はオイルケアや流さないトリートメントが効果的です。

夏の楽しい思い出を日焼けで後悔しないためにも、アフターケアは大切ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

逢坂千里
逢坂千里記事一覧
大学在学中、史上最大のデブ期到来。学校の体育以外での運動経験がなかったが、何を血迷ったかダイエット目的でベリーダンスを始める。その後3週間でウエスト-2cm、太ももに隙間を発見する。下手の横好きで7年継続し、8キロ以上痩せる。 ベリーダンスの楽しさと美容の効果を多くの方に伝えたいと思い、講師業もスタート。妖艶なイメージの強いベリーダンスだが、キュートで明るい振付と、丁寧でアットホームなレッスンには定評がある。各種イベント、レストランショー等で活躍の場を広げつつ、他ジャンルアーティストとのコラボ等、イベントの企画にも精力的に力を入れている。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!