色をミカタにして、魅力をさらに引き出すパーソナルカラって?

この記事は約 1 20 秒で読めます。

店頭でボディが着ているとても素敵な洋服。いざ試着してみたら、なんだかイメージと違うかも…。そんな経験はありませんか?実はそれ、パーソナルカラーが関係しているかもしれません。みなさんは、ご自分のパーソナルカラーをご存じですか?

■パーソナルカラーって?

百貨店の店頭や、カラリストのサービス、インターネットでのカラー診断など耳馴染みのある「パーソナルカラー」。一言で言ってしまえば、自分に一番似合う色のグループのこと。

特に意識していなくても、この色は自分に似合う、この色は肌がくすんで見えるなど、感じたことがあるのではないでしょうか。

人はそれぞれ、生まれ持った肌の色、瞳の色、唇の色などがあります。こういった普遍的な色を判断材料とし、その人に似合う色を判断するのがパーソナルカラー診断です。

この色は良いけど、この色はダメ!というものではなく、例えばピンクならば、ショッキングピンクが似合うのか、サーモンピンクが似合うのかなどグループによって似合うピンクが異なります。パーソナルカラーをメイクやファッションに取り入れることでお肌がきれいに見える、若々しく見えるなど、魅力をさらに引き出すことができるのです。

■パーソナルカラーは季節で表現

121203

このパーソナルカラーですが、まずはイエローベースとブルーベースに分けられます。

黄みがかった色と青みがかった色、肌により、どちらかのグループに分かれます。

さらにここから4つのグループへ。イエローベースは春、秋。ブルーベースは夏と冬のグループに分けられていくのです。それぞれのグループの特徴を見ていきましょう。

肌がアイボリー系で明るく、瞳がライトブラウンの方が多い。元気でかわいらしい雰囲気の方が多いのが特徴。コーラルピンク、ライムグリーンなど、明るくきれいな色が似合います。

肌がオークル系で瞳はダークブラウンの方が多い。リッチでシック、大人の女性らしい雰囲気の方が多いのが特徴。アースカラーや深みのあるオレンジ、グリーンなど落ち着いたカラーがよく似合います。

肌がピンク系で明るい色、瞳は柔らかいブラックの方が多い。エレガントさとソフトな雰囲気を兼ね備えた方が多い。さわやかなスカイブルーや、やさしい色合いのパステルカラーがよく似合います。

肌は、様々な色の方がいるのがこの冬タイプ。分かりやすい特徴は、瞳が真っ黒で凛とした印象の方が多いということ。強い色にも負けない、シャープな印象を持っているので、はっきりとした赤や青、モノトーンなど混じりけのないカラーがよく似合います。

■パーソナルカラーをチェック!

ここまで読んでみて、自分はこのタイプかも!そんな風に思えた方もいたのではないでしょうか?

インターネットやカラリスト、店頭など、チェックできるチャンスはたくさんあります。まだ一度も試したことがない方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

自分に本当に似合う色が分かれば、メイクやファッションなどがさらに楽しくなること間違いなし!パーソナルカラーで魅力をさらにUPさせていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

星由夏
星由夏記事一覧
大学卒業後、百貨店に就職。マネジメントやバイイングに携わり、物流について学ぶ。その後、だいすきなハワイに関わる仕事がしたいと退職を決意。 ハワイのローカルアーティストの通訳や日本での活動のサポートを行う一方、化粧品のプロデュースや、HPの翻訳なども努める。また、ラジオのパーソナリティやイベントでのMCを務め、表現の幅を広げている。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!