肌トラブルが増える生理前の一週間は「アクセサリーの力」で顔色美人を作る

この記事は約 1 6 秒で読めます。

女性にとって試練の一週間ともなりやすい生理前の一週間。この時期は女性ホルモンの中でもプロゲステロンが優位になるため、その影響から肌荒れやむくみ、乾燥が目立つようになります。思わぬ所に突然吹き出物が出るという方も思い返すとこの時期に当たることが多いのではないでしょうか。

肌の調子が悪いときは鏡を見る度に少し落ち込んでしまうのが女心。この期間は潔く気持ちを切り替え、メイクとアクセサリーが持つ色の力を存分に使って乗り切ることをお勧めします。

今回はその方法をご紹介します。

■肌の調子が良い時に出る艶感を意図的に再現する

060803

具体的な方法の一つ目は「健康で肌の調子が良い時に顔に自然と出る艶をメイクで補填する」方法。

肌の調子が良いときに自然と艶が出るのは、目尻の横からほお骨のラインと目頭から鼻の骨までのエリア。光りが当たりやすい部分なので、肌の調子が良い場合には顔を動かしたり表情が変わる度に自然と艶が現れる場所です。

この部分に艶感の出るパウダーやクリーム状のハイライトを乗せることで自然な艶感を再現することができます。

肌の調子が優れないなと感じる時にはチークを濃く入れるのではなく、顔色に光をプラスすることでくすみがちな印象を明るくすることができます。

■アクセサリーの輝きと色で顔色を作る

060802

アクセサリーを付けることも顔色の良さを作り出すためには欠かせないポイントです。アクセサリーの中でも顔色や全体の印象に大きく関係してくるのがイヤリングやピアスなどの顔周りに付けるもの。

顔周りに輝きを持ってくることで、肌の色がワントーンアップして見えるという効果が期待できます。反射してきらきらと輝くその光がお肌にも映り込み、くすみがちな顔色に明るさを補填してくれます。

また顔周りに色が入ったアクセサリーを置くことで、視線がそちらに集中しトラブルがある箇所が目立ちにくくなるという効果も期待できます。

リップカラーの色味を少し明るくすることで視線を逸らす方法は前から言われていましたが、突然普段よりも濃い色を乗せるのには抵抗があるという方も多いはず。アクセサリーであれば気軽にトライできるという点もお勧めです。

女性であれば一度は経験している生理前の肌トラブル。調子が万全ではないかたといって大切な予定やデートの約束をキャンセルする訳にはいきません。

そんな時には思ったように改善しない肌の調子を頑張って整えるよりも、メイクやアクセサリーの力を借りて「美人度を補填する」ことにトライしてみるのはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

照井窓日
照井窓日記事一覧
大学で経営学を学んだ後、対企業向けの提案型広告営業の会社に就職。 約7年を過ごす中で、営業職・新卒採用担当・販促企画を担当。 この間自分を顧みることなく走り続ける中で過労のため4ヶ月の休職を経験。 このことをきっかけに、食事や生活習慣、女性ホルモンの知識を持つことは美しくありたい女性にとって切り離すことができないものだと身を持って痛感する。 現在は女性ホルモンバランスプランナー/ビューティーフードコーディネーターとして、女性の輝く毎日の実現に向け食事内容の提案やライフスタイルの改善提案をセミナーやプライベートレッスン、企業とのタイアップ企画にて提供している。 またアクセサリーデザイナーとしての活動にも力を入れている。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!