季節の変わり目にはこれ!免疫力を上げて肌荒れを防止する食べ物5選

この記事は約 1 3 秒で読めます。

夏から秋へと季節が変わるこの時期。気温の変化が激しくなると、風邪を引きやすくなったり、急に肌荒れを起こしたりと、体の不調が出やすくなりがちですよね。

体の不調を引き起こさないためには、免疫力を高めることが最重要です!今回は、体調不良や肌荒れを防止し、体の内側から免疫力をアップさせる身近な食べ物をご紹介いたします。

■1 味噌

092701

日本のスーパーフードと言われる味噌は、女性に嬉しい効果が満載です!味噌の茶色い色素は、メラノイジンという色素によるもので、強い抗酸化作用を持つため、免疫力低下の原因となる活性酵素を抑えてくれます。

また、味噌は植物性の乳酸菌が豊富なので、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて美肌へと導く効果が期待できます。

■2 りんご

092702

果物の中でも効能が高く、お勧めなのがりんごです。りんごに含まれるリンゴポリフェノールは、活性酵素を抑え、免疫力を飛躍的に上昇させてくれます。

リンゴの酸味にもなるリンゴ酸とクエン酸も、疲労回復のために効果的なので、体に疲れが蓄積されるのを予防し、風邪予防に繋がります。

■3 鮭

092703

美肌の鮭!とも呼ばれるほど、お肌のために嬉しい効果のある鮭。鮭のアスタキサンチンは、飛びぬけた抗酸化力を持ち、免疫力を高め、体全体を若返らせてくれる効果が期待できます。

皮膚の免疫向上に役立つビタミンAも豊富なので、お肌の栄養補給のために効果的な食材です。

■4 大根

092704

大根は、昔から風邪に効く食材として注目されており、自然治癒力を高めてくれる食材です。大根の辛み成分であるイソシアシアネイトは、抗酸化作用があり、免疫力をアップさせて体の調子を整えてくれます。

ただし、この成分は熱に弱いので、より効果を狙うなら「大根おろし」にして食べるのがお勧めです。

■5 かぼちゃ

092705

栄養価が高い食材の一つとして有名なかぼちゃ。かぼちゃの黄色い色は、ベータカロテンによるもので、有害な酸素を取り除き、免疫機能を高めてくれる効果があります。

また、かぼちゃのビタミンEは、血行を促進して体を温めてくれるので、風邪予防や代謝機能の向上にも効果的です。

体のバランスを崩さないためには、食べものはもちろんですが、生活リズムを整え、しっかり睡眠をとるなど普段以上に健康を意識することも大切です。

体の免疫力をアップさせて、季節の変わり目を乗り切りましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

梅原けい
梅原けい記事一覧
食品商社を退職後、栄養士・フードコーディネーターとして活動。現在はレシピ・商品開発を中心に、フード撮影、執筆、コンサルティング、キッチン雑貨のプロデュースなど幅広く活動する。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!