頭痛に吐き気・むくみ・・・「翌日に残るお酒の飲み方」4つ

この記事は約 1 13 秒で読めます。

冷えたビールやスパークリングワイン。夏は、これらのお酒がより一層美味しく感じられる季節です。そのため、「普段より飲酒をする機会が増える」という方も少なくないでしょう。また、お酒の美味しさや楽しい雰囲気のなかで、つい飲み過ぎてしまうというのもよくある話。結果、翌日の頭痛や吐き気、むくんだ体に後悔することもしばしば……。

では、このような二日酔いの症状を引き起こさないためには、どのような飲み方に気を付ければ良いのでしょうか。

ここでは、「翌日に残るお酒の飲み方」についてお話していきたいと思います。

■1:空腹状態で飲む

081803

飲酒の前、胃の中に食べ物を入れておくとアルコールの吸収を遅らせることができるのは、皆さんご存じのとおり。なかでも特にオススメなのが、下記の食材です。

(1)乳製品
アルコールの吸収スピードを遅らせる、アルコールの刺激で胃壁が荒れるのを防ぐ。

(2)ウコン、しじみ、あさり、さといも、かぼちゃ、大根
肝臓の解毒作用を高めてアルコール分解のスピードを早める。

(3)牡蠣、タコ、イカ、鯵
胆汁酸の分泌を促し、肝機能を活発にする。

(4)マルチビタミンのサプリメント
解毒に必要な酵素の働きを良くする必須アミノ酸をスムーズに働かせる。

■2:飲んでいる最中に食べない

081804

「ダイエット中だから」「お酒だけあれば良い」などの理由から、食べ物に手を付けない方もいますよね。これも、悪酔い・二日酔いのもと。「飲む前に食べる」ことはもちろん、「食べながら飲む」ことでも、アルコールの吸収がゆっくりになります。

オススメは、アルコール代謝を高めるタンパク質と、その吸収を高めるビタミンB6を含むもの。反対に、オススメできないのは、脂っぽい食べ物。アルコール代謝をストップさせるので、極力控えましょう。

(1)タンパク質を含むもの
枝豆、豆腐、お刺身、肉、卵料理など

(2)ビタミンB6を含むもの
まぐろ、かつお、鶏肉、牛レバー、バナナなど

■3:水を飲まない

081802

お酒をオーダーするときは、水も一緒に。なぜなら、水を飲むと血液循環が良くなり、アルコールの解毒作用が高まるから。二日酔いの予防にオススメです。

加えて、お酒ばかり飲み続けることに比べてカロリーの摂取がおさえられるため、肥満の防止にも◎。

■4:ビタミンCを摂らない

081801

摂取したアルコールは、肝臓で分解されて二日酔いのもと・アセトアルデヒドに変わります。ビタミンCには、このアセトアルデヒドの分解を助ける働きがあるので、飲酒前・中・後、意識的に取り入れると良いでしょう。

以上、翌日に残るお酒の飲み方をお伝えしました。「毎回、二日酔いに悩まされる」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

高木沙織
高木沙織記事一覧
美容ライター/ヨガインストラクター  2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターの活動をスタート。 “美容と食には密接な関係がある”ことから、『ジュニア・スーパーフードマイスター』『スーパーフードマイスター』、その他野菜、果物、雑穀など、複数の「食」に関する資格を取得し、ビューティーフードアドバイザーとしてフード系のイベント講師・執筆に携わる。 2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!