今日からすぐに取り入れられる!お金のかからない簡単な冬の○○美容法とは?

この記事は約 1 4 秒で読めます。

何かとお付き合いが多くイベント事が多い冬。日々のルーティーンも崩されストレスも感じやすい季節です。

そして、この時期はとにかく“食べ過ぎ”が多いのも心配な所。過労、ストレス、食べ過ぎの三拍子が揃うと、身体に与える影響は大きく、健康のみならず美容にもダメージが。

こんな時、簡単でどのご家庭でもすぐに実践できるのが、これまで何度もブームになってる「白湯(さゆ)」!

今日からすぐに取り入れられて、しかもお金のかからない白湯美容法の効果をご紹介します。

白湯で代謝アップ

020303

白湯をゆっくりと、少しずつ飲むことで内臓からポカポカに。身体が暖まると代謝がアップし、痩せやすい状態になります。血流も良くなりお肌に運ばれる栄養もアップし美肌に。

通常水分は胃で貯蔵されずすぐに小腸に運ばれる為、胃が空っぽな朝は飲むと胃だけでなく腸まで温める事が出来るので朝の摂取で全身ポカポカに。

なかなか体温が上がらす目が覚めない時、寒くて朝の準備に取り掛かれない時は迷わず白湯を!

白湯で栄養吸収がアップ

020207

手足の冷えも怖いですが1番怖いのは胃腸の冷え。胃腸が冷えると消化吸収が上手く行かずせっかくの栄養も吸収されぬまま排泄されてしまう事に…。

脂肪燃焼に必要な栄養も美肌に必要な栄養もなくなりと、体には悪影響が。

栄養摂取の効果を最大限発揮するために毎朝の白湯で胃腸のウォーミングアップをし、栄養をキャッチしやすい状態にしておきましょう。

白湯で美肌力アップ

012006

胃腸の疲れがニキビとして現れる事も多々あります。白湯は暴飲暴食やストレスでダメージを受けた胃をケアする効果もあります。

口の周りにニキビができやすい方は胃が弱っているサイン。白湯で胃を温め元気にしてあげましょう。

白湯の作り方

020301

1)お湯をやかんにいれて火で沸かす。
2)10分間沸騰させる
3)沸騰したら、やかんのふたを開けて10分間待つ
4)温度が50度程度になったらOK

白湯で注意したいのが、温度です。体温より低い温度になってしまうと、白湯の美容効果は半減してしまいます。作った白湯は、ポットや魔法瓶などに入れて、温度を保つようにしましょう。

白湯は冬だけでなく胃腸が弱った時におすすめです。二日酔いの水分摂取も白湯のほうがより身体に優しく効果的。

是非今日から毎朝の白湯を生活に取り入れてみましょう!冬の美容や健康を助けてくれること間違いなしです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

上原桃子
上原桃子記事一覧
トータルエステティックサロン、美容整形外科インストラクターを経て、プライベートサロンNanoSlimをオープン。痩身とフェイシャルケアをメインに『結果を出す』サロンとして会社員からモデル・芸能人まで、幅広い顧客のニーズに応える傍ら、心理士として「美」を保つためのメンタルケアも行っている。・日本ホリスティックセラピストアカデミーマタニティセラピスト・日本能力開発推進協会ダイエットインストラクター・医療福祉情報実務能力協会 メンタルケア心理士

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!