香水は恋の魔法!彼と会うタイミングで最高潮の香りを引き出すテクニック

この記事は約 1 1 秒で読めます。

街を歩いていて、ふわっと漂う香水の匂いに心が奪われた経験、ありませんか?

実はそれ、香水のつけ方がちゃんと分かっている人だけが成せる技。周囲の人にいい香りだな~と思わせるためには、香水をつけるタイミングがとっても大切なんです。

逆に、香水の匂いがきつすぎて頭が痛くなってしまった…という経験がある人も多いはず。

香水は人を幸せな気分にさせる一方で、人を不快にさせることも簡単にできる、コツの要るアイテムなのです。今回は、香水好きなら絶対に知っておきたい、香水の特徴をご紹介します。

■香水をつけるタイミング

081602

そもそも香水は、さまざまな香料が混ざり合って構成されたもの。肌につけると揮発し、香りやすい成分から順々に飛びだしていくため、時間とともにグラデーションを描きながら香りがどんどん変化していきます。

香水の第一印象『トップノート』

肌につけて10~30分間で漂う香り。

香水の中心的な香り『ミドルノート』

トップノート後~1時間後に漂う香り。その香水の個性があらわれるメインの香り。

香水の余韻『ラストノート』

最後まで残る香りで、香水をつけてから2〜3時間後から香り始める。香りの持続時間は6~7時間と長め。

ご紹介したように、ミドルノートが香水自体の魅力が一番引き出されるとき。ズバリ、待ち合わせ時間の30分前につけるのがベストなタイミングなのです。

と言っても、香水ごとに配合されている成分が異なるのでミドルノートが多少前後することも。事前に香りのグラデーションを観察し、自分自身でベストタイミングを計るのも香水の楽しみ方のひとつ。

■案外おすすめな香水をつける部位

081603

香水は下から上に向かって広がるという特徴があるので、それを知ったうえでお好みの部位を決めましょう。

首やひじの内側につける人が多いと思いますが、自分の鼻からの距離が近いため、自分の香りに酔ってしまうことも…。

そこで案外オススメなのが、『足首』につける方法。多少多めにつけてしまっても、香りがきつくなりすぎることもなく、ストッキングや靴下で隠れるため、香りがセーブできます。歩くたびにほのかに香るのも魅力的。

これから秋になり、香水のオシャレがより楽しめる季節がやってきます。恋に効く、ひと吹きのエッセンスを味方につけ、秋の街にくり出しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


この記事を書いた人

熊谷真理
熊谷真理記事一覧
NY近郊在住の美容ライター。日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramでは、ほぼ毎日メイクアップ写真を更新中!この春からはNY州認定エステティシャン資格取得を目指し、スクール通いを開始予定。

「ビュートピ メルマガ会員」ご登録キャンペーン!

ビュートピメールマガジン発行準備中!
初回ご登録時には、正しいスキンケアの方法や美肌レシピなどをまとめたアドバイスブックを全員にプレゼント!
ご登録は無料です。是非ご登録ください!